仮想通貨投資においての取引所と販売所の違いについて解説しました!

とりあえず本日の資産状況ごわす。

どうもームラカネです。
もう下がり相場真っ盛りの状態ですねー。

マイナス7万ぐらいでごわすーー。
ちょっとあがったぐらいとのときにズバンと買う予定が、みるみる下がりすぎて、様子を見ておりやす・・ってみんな今って様子見てんでしょうね。

だから。どのコインの価格も上がらないという悪循環・・。笑

いやはや・・仮想通貨業界もいよいよ混沌(カオス)状態と化してきましたねー。

というのも、なんやら仮想通貨が去年の急な上げの上昇が、裏で操作されていたのではないのかというニュースがちらほらを飛んでまいったのはご存じでありましょうか?

まあ、それが本当か嘘なのかはさておき、去年からもりあがっていた仮想通貨業界が、下降中もいいところで、すっかり業界全体が「さぶーい」空気感が漂っているのも事実でごわす。

・・でも僕はそんなに悲観的でもございやせん。というもの仮想通貨投資関連の本など片っ端から読んでいたりするのですが、やはりこれからブロックチェーン技術なんか金融業界に大きな影響を与えていくは間違いないと思いますし、電子マネー化から、さらに金融の流れ(貨幣の流れ)がおおきく変わっていくのも時間の問題だからです。

とはいっても、それは先の先の話であって、今はね、・・投資としてみた場合はですね、・・・まあ下がり相場もいいところでごわすね。汗

でも、今買っておいてですね、
これあがったらデカいですよー。

仮想通貨なんて価格が上がるのなんて一瞬でガツンをあがりますからね、情報操作されているとかなんとかネガティブなニュースばかりですが、そんなときこそ、買いのサインなのは、なにも仮想通貨に限らずに株式投資なんかまさにそうですからね。

あまり悲観的にならずにいきましょう!
仮想通貨なんて、絶対にまさにこれからの世界ですからね。
大丈夫、大丈夫です。

まあそれはともかくとして、本日は仮想通貨における「取引所」と「販売所」について解説して参りたいと思います。では早速スタートです。




SPONSORED LINK

仮想通貨における販売所は、その名のとおりお店での販売店です。

まだ仮想通貨を購入したことがないユーザーにとっては、仮想通貨における「販売所」と「取引所」の違いとか、ちょっと説明しても難しいとは思います。

ですが、単刀直入にわかりやすくいいますと、ここにコインがあるとします。そのコインを日本円の100円でお店で買うとします。

そのコインをですね、100円で買います。
そえが「お店」=「販売所」という図式です。

で、たとえばあなたの友人が、その同じコインを持っていたとします。
例えばの話ですよ、そのコインをあなたが、お店を通さないで、

「えーそのコインほしいー」とあなたが言ったとします。

すると、あなたの友達は、「ああ、80円で売ってもいいよー」ト言って、

「ええーマジでー?お店で買うと100円なのに、80円でいいの?」

「ああ、なんかこのコインさ、最近人気もなくなってきたら早く売りたいと思ってたから俺もちょうどよかったー、なんなら60円でもいいよー」と友人。

「ええー、60円でいいのー?お店で買うより半分ぐらいで買えるなんてラッキー、ありがとうー」とあなたは、お店(販売所)で買うより40円も安く買うことができました。

「友人から買う」=「取引所」

と、考えてみると、分かりやすいかもしれません。まあちょっと例え話が分かりにくかったかもしれませんが、考え方としてはこんなかんじです。

実際は、仮想通貨取引所のなかで、ユーザー同士が取引をするので、普通に外部でコインのやりとりをする場合も、今後仮想通貨がさらに世間に浸透すれば、そういったことも多くなってくるでしょうけれど、現状はまだまだですよね。

あくまでも仮想通貨投資において、上がった下がったの一喜一憂で仮想通貨のコインを売買しているユーザーが私も含めて圧倒的多数だと思います。

初心者がコインを買うならどっちがおすすめなのか?

ビットコインなどの仮想通貨を、これからまだ仮想通貨投資を始めたことがない未経験者ならば、まずは「取引所」よりも「販売所」でコインを購入することをおすすめいたします。

その理由は、なんといっても「販売所」での買い方のほうがカンタンですし分かりやすいからです。ただお店から買うだけでいいからです。

いっぽう「取引所」でコインを買う場合は、指値注文やら成行注文などといった、ユーザー同士でやりとりするために、・・・まあぶっちゃけていうと面倒なのですね、買い方が。

アマゾンとヤフオクの違いぐらい面倒かもしれません。

アマゾンでなにかの中古品を買う場合、クリックでとんとん拍子で買うことができますが、ヤフオクでなにかの中古品を競り落とした場合、その商品をヤフオクに出品したユーザーとのやりとりがじゃっかんアマゾンに比べて面倒な部分があるじゃないですか。

そんなかんじですね。
販売所シンプルで簡単、だけど手数料がじゃっかん高い。
逆に取引所は、手数料が安いけれど、手間暇が少し面倒。

その違いですね。
このヤフオクとアマゾンでのたとえ、自分でいうのもなんですが、比較的わかりやすい説明になったのはでないでしょうか?