仮想通貨投資の危険性や安全性など考察、また日々の出来事などつぶやくブログです

え?まだ仮想通貨持っているの?

Binance(バイナンス)の危険性や安全性について解説しますた!!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

まずですね、のっけからカウンターパンチを仮想通貨投資で食っている方がたなどに、パンチやエルボーやハイキックでKOされてしまいそうですが、僕はBinance(バイナンス)はおすすめしません。

2017年7月・・今このブログを書いているちょうど約1年前に設立された仮想通貨取引所なのですけれども、その手数料の安さや取引コインの多さにより一気に人気拡大された取引所のひとつなのですが、それには・・・まあ裏があるんですよね。笑

まあ表があれば裏もあるというのが世界の理屈です。屁理屈かもしれないですけれどね。・・まあそれはともかくとして。

裏を抜きにしても、Binance(バイナンス)は日本の各種の大手の仮想通貨取引所などにも比べて手数料が格段に安いですし、すべてのコインが板取引となっておりやす。板取引ですとコインが安く買えます。

またBinance(バイナンス)では、よく国内取引所のザイフが重い・・なんて話、あなたも聞いたことがあるのではないでしょうか?

サーバーといって仮想通貨取引所というのは、なんのかんのいってもひとつのホームページなわけなのです。

そのホームページのデーターを支えるところがサーバーと申します。で、そのサーバーが重ければ、ホームページであります取引所にアクセスしているユーザーも、その重さで、取引所においてコインを買ったり売ったりなどする行為においてフリーズ(固まってしまう)こともあるのです。

これは痛いですよ。特に短期売買で利益を得ようとする場合は、サーバーエラーになったりしたら大変すぎますよ。

やっと、サーバーがつながったと・・そのときには資金がぶっ飛んでいる!!!!
なんてことにがないとはいえません。というか事実あるのですよこれが。汗

その点においてはBinance(バイナンス)のサーバーは比較的、安定しておりやす。

世界中の仮想通貨投資家が膨大なアクセスしても、まったくといいほどサーバーエラーもいまのところおきておらず、その点は気にしなくても大丈夫なところです。

それに海外の仮想通貨取引所といえども、僕ら日本人にもわかりやすく日本語で対応してくれるコマンドがあるので、そこを押せば、英語から日本語に簡単に切り替わりますでの、わかりにくさといてこともカバーされており、そのあたりも親切丁寧です。

・・・じゃあ、なんでBinance(バイナンス)おすすめじゃないの?
むしろ安定感抜群だし安全に取引できそーじゃん。
ってあなたはそう思ふたのでは・・なかろうじゃないとですかぁ?

はい・・問題は、むしろコレなのです・・。

うむ。
そーなんです、2018年3月に金融庁がBinance(バイナンス)に警告をだしておるのです。汗

それはどういうことかと申しますと、日本の仮想通貨法(この頃はまだ法律が明確化されてなかったですが)においての登録申請していないで、日本人向けにサービスをすることは違法行為だということをBinance(バイナンス)にむけて、金融庁が何度かの警告を発信しました。

それにより、一時はBinance(バイナンス)では日本語対応していたのが、日本語フォーム入力が消えたこともありました(現在は復活中ですが・・)いつまたどうなるかもわかりません。

そもそも、日本の仮想通貨取引所自体が、世界でも取引されている現状を考えますと、日本の発言権が仮想通貨業界のなかでさらに今後大きくなれば、Binance(バイナンス)に限らずですが、海外での仮想通貨取引所が淘汰・・まではいかなくても日本人にメリットが今後でてくるのかはおおきな疑問です。

むしろ、Binance(バイナンス)にかぎらずですが、ハッキングなどにより投資した預けていたお金が返ってこない、消えてしまった、連絡がつかない、・・そのうちその取引所がのホームページ事態が消えてしまった・・なんて話はあちらこちらで聞く話です。

結局・・Binance(バイナンス)は安全なの?危険なの?

じゃあ長々と解説しているけれど、いったいどっちやねん?とクレームがきそうなのですが。

まあ単刀直入に申しますね。はい。そういった意味でも、まずBinance(バイナンス)とてもまだ安全とはいえないというのが筆者の考えです。

むしろこれから仮想通貨投資を始めてみようという初心者の方はわざわざBinance(バイナンス)じゃなくても、まずは国内の危険性のない安全な取引所をまずは開設することを強くおすすめしやす。

まあそれでも海外の草コインで一発当てたいとか、特に2017年における仮想通貨バブルを見て、夢ふくらましてしまうって気持ちもわからなくてもないんですよ。

たしかにあのバブルで多くの「億り人」が出現したのは事実ですし、「億り人」になった方でブログをやっている方などで海外取引所をオススメされている方々もおられるのも事実です。

ただし、当ブログではなによりも仮想通貨投資においての危険性や安全性と考察するといったことが第一の目的になっておりますので、危険な取引所や方法などはオススメいたしません。

それに、・・・怒られるかもしれませんが。笑
さきほど「裏」があるといったのは、Binance(バイナンス)ですね。

海外での仮想通貨取引所Binance(バイナンス)をおすすめしているブログなどから申し込むことによって、その方に50パーセント(今はかなり下がったようですが・・)。

Binance(バイナンス)ヒドイぞ、アマゾンみたいなマネするでないぞー笑
と、いったこともあり、なんだかBinance(バイナンス)の戦略にみなうまくやられちゃってるなーっていう裏話もしておいて、まずはこのあたりで筆をおくことにしやす。。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© え?まだ仮想通貨持っているの? , 2018 All Rights Reserved.